稲って木!?

今の子どもたちにとって、農業はとても遠い存在かもしれません。
どこを見ても住宅地ばかりで畑がありませんからね~

先日もこんな事を言われてしまいました。
「お米ってどんな風にできるの?稲って木?」

・・・これはいけませんよ。まだ小さな子どもですが、日本人ならこれくらいは知っていないとね。でもやっぱり環境は大きいかな~少しかわいそう。

友達に教えてもらいました、足立区にある自然環境館。
ここにはたくさんの農業に関するものが展示されているそうですね。

農具などもたくさんあると聞きます。

今はいろいろ機械化もされていますが、昔ながらの道具や仕組みなどいろいろ勉強になりそうですね。

その他にも農村風景などもパネルもあるというのですが、とりあえずそれを見せたいですね~

今はそういう風景すら見る事ができませんから、子どもにとっては貴重でしょう。

昔は稲穂が風に揺れていたり、どこにでもあったんですけど。
是非子どもを連れて行ってあげたいですね~

{ Comments are closed! }